何故フライでバスなのか

ネタも無いので(苦笑)

「バスを釣りたいのだけれど、ルアーとフライどっちが良い?」と聞かれたら、
フライキャスティングが出来る出来ないは別にして、私は「ルアー」をお勧めする。
理由は、皆様ご存知の通りフライは何かと制約が多いからだ(苦笑)
私は常々「フライ」という釣り方は、1匹の魚を釣り上げるのに、非効率と思えるくらいの手間暇を掛けて釣る自虐的な釣法だと思っている。だからと言って私はMでは無い(笑)

さらに「ルアーとフライどっちが釣れる?」と聞かれたら、トータル的に判断してルアーだと思う。確かにフライにしか反応が無い時もあるし、ルアーを見飽きている場所のバスならば、フライの方が良かったりする時もあるけれど、ルアーの方が圧倒的に効率が良いから「ルアーの方が釣れる」と言い切っても間違いじゃないと思う。

なんかフライで釣る事を否定しているようにも感じるだろうけど、
1匹の魚を釣った時の嬉しさ(快感かも)は、苦労した分、圧倒的にフライの方が上だと、今でも感じているので、フライでバスを続けているのです(笑)

後、何故バスなのか?
理由は私の住んでいる環境で、最も身近にいる魚だから。ただこれだけ(笑)
アマゴが今のバスくらい身近だったらアマゴを釣っていただろうし、これがニジマスだったら、ニジマスだろうし、別に淡水に拘っている訳でもないので、鱸が身近だったら鱸を狙っていただろうし、どうしてもバスじゃなけりゃいけない事は無い。
今後、世界規模の環境の変化に伴って、他の魚がメインターゲットになる可能性もある訳だけど、水面のフライに対して反応してくれるような魚じゃないと、私のメインターゲットにはなりません(笑)
[PR]
by drakenflydebass | 2007-02-27 13:18 | 釣行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://drkfldebas.exblog.jp/tb/4845827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。