自分の目で

確かめてきた。
何をかといえば、例の「コイやフナの大量死」の現場の下流にあるいつもの場所だ。
1.5kmの流域で発生したとのことだったが、いつもの場所は堰堤に堰き止められているから水量も多く大丈夫だろうとは思っていたのだが、やっぱりコイ、フナ、バス、オイカワ、何かの小魚等も元気に泳いでいた。もちろん、小魚を狙っているシラサギ、アオサギ、カワセミもね。
うろうろと歩き回って川を観察してみたが、弱ったり、腹を上に向けていたりする魚も無く、平穏無事な状態だった。まじで良かったと思う(^○^)

で、安心ついでに釣ってみた(^○^)
d0004101_10473498.jpg


これ位の3匹。コイは1匹が結果だったけど、今回は釣果は関係なし。
ほんと無事で良かった。

後、40upの追尾があったのだが、観察のみでバイトしない。
しかし、あそこのバスは難しい。何が駄目なのか?やる気が無いようには見えないのだが・・・暫くは楽しめそうだ(笑)
[PR]
by drakenflydebass | 2005-11-03 10:50 | 釣行記